帰化動機書の書き方

帰化の動機書は、帰化条件の確認、日本の国益に合致するか、日本語能力の確認をするといった側面もありますので、他人の文章をそのまま書き写しただけであって、意味の分からない言葉や読みが分からない漢字があるようではいけません。
他人の文章を真似ても、百戦錬磨の審査官が見れば、すぐに見抜かれてしまうからです。人にはそれぞれ違う個性があり、それは文章にも表れます。
なお、帰化動機書を書く際には、字数・書式などの制限はありません。
帰化動機書の例文と雛形の見本のページも合わせてご覧になってください。

  1. 表題
  2. まず、帰化の動機書の題名を書きます。これは、帰化動機書としてもいいし、動機書など、帰化に関する動機書という趣旨がわかるものでしたら、書き方は自由です。

  3. 帰化の意志
  4. 帰化の動機書を作成するにあたって、帰化の意志を持つことがまず必要です。帰化し、日本国籍取得をしたいという強い意思表示をします。

  5. 生い立ち
  6. 自身がいつ、どの場所で生まれ育ったか、帰化に至るまでどういう活動を行ってきたか、父母の経歴・過程、日本国へ渡航するに至った経緯などを書きます。

  7. 帰化の動機
  8. 日本で帰化申請をするに至った理由を帰化目的(なぜ帰化をしたいのか)、帰化経緯(帰化をするようになったきっかけを過去の体験等を交えて書く)、申請者と関わりを持つものとの関係を踏まえて具体的に書きます。
    日本で得た印象・考え方・価値観、将来目標を実現するために日本を選択した理由などを詳細に書きます。

  9. 生活状況
  10. 暮らし向きとして、暮らし全般のゆとり感があるか、過去に必要な食料或いは衣料を買えないことがあったか、生活の困窮を経験したことがあるか、仕事と家庭生活のコンフリクトについて、仕事と家庭生活の両立が困難な場合はどうするか、貧困のリスク因子があるか、大学での勉強内容と成績、採用に至った経緯、職務内容と労働時間(深夜勤務の有無)収入・支出の状況などを詳しく書きます。

  11. 家庭状況
  12. 家族構成について、仕事と家庭生活の調和を取るためにどんな努力をしているか、家事と育児の分担について、子どもの結婚・離婚状況、子どもの進学・就職状況、子どもと過ごす時間、週に何回家族で一緒に夕食をとっているかなどを詳しく書きます。

  13. 将来目標
  14. 帰化が許可された場合には、日本でどのような社会生活を送ろうと思っているのか、10年後に日本でどんな人物になっていたいか、会社でのキャリアプランの設定など、いつまでに、なにを、どうしているのかを具体的に書きます。

  15. 母国について
  16. 帰化することで、母国の国籍を喪失するに至って申請者自身の思い、父母・兄弟姉妹の考え、親族のこれからの支援内容、今後の母国との関係などを書きます。

  17. 日本の社会との関わり
  18. 地域社会、そして国際社会の一員として取り組んでいる社会貢献活動の状況、地域社会との関係、母国と日本国をよく理解し、親交を深める活動、素行の善良性(交通事故、交通違反歴、犯罪歴、適切な所得申告・税金滞納等)、日本社会との定着性、母国に帰る意思がない旨、日本人として生きていく意志表示などを詳しく書きます。

※15歳未満の子ども、特別永住者は帰化動機書を提出する必要はありません。

帰化の動機書作成関連ページ

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:9:00~21:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@kika-japan.com

帰化申請×大阪手続オフィス HOME » 帰化動機書の作成 » 帰化動機書の書き方
Copyright© 2014 帰化申請×大阪手続オフィス -日本国籍取得手続きと方法(大阪・兵庫・京都)- All Rights Reserved.